U理論メールマガジン 登録フォーム


U理論に関する最新情報やイベント、ツール等のご案内などをお送りするメールマガジンです。 ご希望の方は上記よりメールアドレスをご記入ください。




U理論はMITのオットー・シャーマー氏によって世界の様々な領域に渡る最も著名なリーダーへのインタビューやイノベーターたちとの仕事を通じた経験を元に生み出されたもので、集団や組織が新たな未来を創造するためのリーダーシップ能力をどのように開発できるか、その能力をもとにどんなプロセスで新たな現実を生み出すことができるのかを説いています。U理論は概念的なフレームワークを提示するだけでなく現実に実践可能なプロセスであり、書籍U理論にはUプロセスを通って行く上での個人、集団の実践法が紹介されています。この理論を元に世界中でさまざまな領域の社会的な課題に対する数多くの変革プロジェクトが進行しています。

オットーシャーマー博士メッセージビデオ

「集合的」能力にアクセスする
私たちは世界規模で、環境問題の悪化、終わりなき飢餓と貧困、テロと戦争、コミュニティーの崩壊など誰も望んでなどいない現実が生み出されていることが明白なのにもかかわらず、なかなか軌道修正がかけられないという社会システムの機能不全の時代に生きています。社会、経済、環境、精神性など至るところで人間が健全に生活を営む上での基本的な基盤が揺らいでいます。より意識的に、意図的に、そして戦略的なアプローチでこれらの課題に取り組むためには、新たな集合的な意識とリーダーシップが絶対不可欠です。そしてそのような能力を開くことが、私たち人間がより大きな可能性に満ちた未来を生み出すことを可能にするとU理論は伝えています。

何が望む変化をもたらす上での盲点なのか
なぜ私たちはこのままではいけないとわかりきっているのに、それに対してなかなか変化をもたらすことができないような状態に陥ってしまうのでしょうか。それは、より深いリーダーシップと変化について私たちに盲点になっている要素があり、それは行動が生みだされる内面の「源(source)」であるとオットー・シャーマーは語ります。リーダーが何をするか、どのようにするか、については実に数多くの研究がされていますが、変化をもたらすリーダーたちが内面の「どのような場所から」行動を起こしているのかについてほとんどわかっていません。U理論が探求しようとしているのは、この「源」にあります。

Uプロセスとプレゼンシング
リーダーが「源」に近づくという能力を開くとき、「生まれようとしている」未来を体験します。この状態をプレゼンシングと呼んでいます。その経験は問いとして抱え続けていた課題へのアイデアや、そのひらめきなしでは絶対不可能な未来を生み出す種をもたらします。U理論はこのプレゼンシングの能力がどのように開かれるかを示しています。

  • 1. Uを下る:自分の境界線の外側の世界とつながる
  • 2. Uの谷:自分の内側から現れる世界(源)とつながる
  • 3. Uを上る:新たなものを世界にもたらす

Uの谷に行きつくと、そこには関門がありそれをくぐるためには本当に重要ではないものは全て手放すことを求められます。

エゴを手放し、大いなる自己を迎え入れる
Uの谷におけるこの関門を通るプロセスは、古いエゴ・アイデンティティーとなっている自己を「手放し」、同時に起こる大いなる自己を「迎え入れる」という体験になりますが、これによって私たちの内面の奥深いところにある知との微細なつながりが生まれます。このとき、それは既に知っているという感覚を覚えることがあります。エゴの私(self)と大いなる自己につながっている私(Self)が出会うところがUの谷であり、この2つの自己はUの谷でお互いを聴き、共鳴し合います。集団としてこの地点を越えると一人一人が、そして全体が高いエネルギーレベルと現れようとしている未来の可能性の器として機能し始めます。

Uプロセスの7つのリーダーシップ能力

Uを通るには7つのリーダーシップ能力を開くことが求められます。

1. 聴く場をホールドする力.
Uの基盤となる能力は聴く力です。他者を聴くことであり、自分自身を聴くことです。 そして集団から現れるものを聴くことです。効果的な「聴く」は誰もが全体性に貢献できる開かれた場を創ることが欠かせません。

2. 観る力
頭の中の推定から真に観察することに移行する上で評価判断の声(Voice of judgment)を保留する能力は必須です。

3. 感じ取る力.
プレゼンシングにたどり着くための能力として、3つが必要です。開かれた思考、開かれた心、そして開かれた意志です。この開いていくプロセスは集団としての能動的な「感じ取る(sensing)」という行為から起こります。開かれた心によって全体性から置かれた状況を見ることができるようになり、開かれた意志によって出現する全体性から行動することができるようになります。

4. プレゼンシングする力.
自身の最も深い源につながる能力によって未来はある部分的な関心からではなく全体性から現れるようになります。

5. 結晶化する力
小さなグループがプロジェクトの目的と結果にコミットするとき、意図の力が人、機会、リソースをひきつけるエネルギーの磁場を生み出し、それが現実をつくっていきます。そのコアグループが全体性が宿る器として機能するのです。

6. プロトタイプをつくる力
Uの左側を下りるには思考、感情、意志を開きその抵抗に対処することが求められます。Uの右側を上るときは思考、感情、意志の統合が実践と行動と学習を通して必要となります。

7. 実践する力
テーマとなっている現実的課題の部分を担う現場の適切な人たちを集め、社会テクノロジーを使って議論というレベルから新たなものへの共創造へと転換する必要があります。