書籍紹介

手ごわい問題は、対話で解決する

どんなに複雑で解決が困難だと思われる問題でも、心を開いた対話によって、解決への道筋を見つけることができる。
アダム・カヘン (著), Adam Kahane (著), 由佐 美加子 (監修), 東出 顕子 (翻訳)
世界的ベストセラーである本書は、「学習する組織」の第一人者であるピーター・センゲ氏により推薦され、元南アフリカ大統領ネルソン・マンデラ氏からも絶賛されています。

ダイアログやシナリオプラニングという手法を通して南アフリカのアパルトヘイトやコロンビアの内戦、パレスチナ紛争、アルゼンチンやグアテマラの再建など、様々な複雑な課題への取り組みをファシリテーターとして支援しているアダム・カヘンの著書。

どんなに複雑で解決が困難だと思われる問題でも、心を開いた対話を通して集合的に解決への道筋を見いだすことができると伝えています。

手強い問題は対話で解決する

リーダーシップとニューサイエンス

世界17カ国で出版されたベストセラー、待望の邦訳!
マーガレット・J・ウィートリー (著), 東出顕子 (翻訳)
「本書のような本は、10年に1度しか現れない。マーガレット・ウィートリーは、人々や組織に対する我々の考えを、新たな境地へと誘ってくれる。 もはや、これまでと同じように組織について考えることはないだろう」 ―ケン・ブランチャード(『1分間マネジャー』著者)

世界中でArt of Hostingというプロセスを通してコミュニティーづくりを支援しているBerkana Instituteを立ち上げたマーガレット・ウィートリー女史の著書です。

課題が生み出されたときと同じ思考ではその課題を解決することはできないというアインシュタインの言葉がありますが、今の機能不全に陥るシステムを支配する従来のパラダイムの限界とニューサイエンスの世界から現れてきている新しい可能性を提示しています。

リーダーシップとニューサイエンス

サーバントリーダーシップ

読み継がれてきた不朽の名著、待望の邦訳!
ロバート・K・グリーンリーフ (著), ラリー・C・スピアーズ (編集), 金井壽宏 (監修), 金井真弓 (翻訳)
自らの良心に従い、より良い世界へ導くことを自身の責務と信じ、周囲の人々にとって、組織にとって、優先されるべきことが為されているか、常に心をくだく ――そうした「サーバント」としてのリーダー像を描いた本書は、混迷の時代の中、いっそうその輝きを増している。

サーバントとして他者に、社会に仕える奉仕こそがリーダーシップであるという概念を打ち出しリーダーシップの世界に多大な影響を及ぼしました。

厚くて読み応えがありますがリーダーとしての自らの在り方(Being)を探求する上で実に深く考えられる名著です。

サーバントリーダーシップ

シンクロニシティ 未来をつくるリーダーシップ

「心から望む夢に一歩踏み出すとき、「奇跡」は起こり始める」
ジョセフ・ジャウォースキー (著), 金井壽宏 (監修), 野津智子 (翻訳)
「リーダーになりたかったわけじゃない。 ただ、夢の実現を強く望んだだけだ」

書籍U理論で序文を書いているMITスローンスクールのピーター・センゲが生み出した「学習する組織」という領域を知る上で最初に読むことをお勧めするチェンジエージェント必読本です。変化を生み出し、学ぶことで進化し続ける組織に必要な学習能力が提示されています。

まずは複雑性を理解するためのシステム思考、アスピレーションとなる個人ビジョンと共有ビジョン、そして内省的コミュニケーションであるダイアログとメンタルモデルです。そのどれもが組織やシステムの中で望ましい変化をもたらす上で欠かせない能力として捉えられています。

シンクロニシティ

最強組織の法則 新時代のチームワークとは何か

新時代のチームワーク形成の本質を解く
ピーター・M. センゲ (著), Peter M. Senge (原著), 守部 信之 (翻訳)
音を立てて崩れ去る日本の「経営神話」。終身雇用制も崩れつつある中、チームの問い直しに迫られる日本企業の道は、自らが学習機能を持った「ラーニング・オーガニゼーション」となる他にはない。

書籍U理論で序文を書いているMITスローンスクールのピーター・センゲが生み出した「学習する組織」という領域を知る上で最初に読むことをお勧めするチェンジエージェント必読本です。

変化を生み出し、学ぶことで進化し続ける組織に必要な学習能力が提示されています。まずは複雑性を理解するためのシステム思考、アスピレーションとなる個人ビジョンと共有ビジョン、そして内省的コミュニケーションであるダイアログとメンタルモデルです。そのどれもが組織やシステムの中で望ましい変化をもたらす上で欠かせない能力として捉えられています。

最強組織の法則
  • TOP
  • 書籍紹介

PICJ CONNECT

メールマガジン

U理論に関する最新情報やイベント、ツール等のご案内などをお送りするメールマガジンです。
ご希望の方は上記よりメールアドレスをご記入ください。